Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 徒然

摩天楼の足下 

2012/05/25 Fri.

摩天楼の足下
時代錯誤の罠
血迷った危ない奴らなら
極楽へいかせちゃうわ

原田千栄「GHOST SWEEPER」より
*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜
b00_40.jpg

青森・岩手旅行二日目であります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・ちゃんぽんしすぎてさすがに頭痛。
・若くないですね。
・油断もしましたね。
・大間へ行く予定を変更。
・おじさまのおすすめコース。
・まずは立佞武多の館へれっつら。
・「ねぶた(ねぷた)」の幅広さを目の当たりにする。
・たちねぷた三体揃い踏みは軽く特撮。
・どの角度から撮っても絵になる。
・夜の野外で眺めたら、また迫力の種類が違うんだろうなあ。
・ひとしきり圧倒されてから、おひるごはん。
・市場の食堂でご飯だけをよそったどんぶりを買う。
・市場をふらふらして好きなお魚を買って、どんと乗せてもらう。
・お好み海鮮丼のできあがり。
・牡丹海老と帆立の貝柱をこれでもかと乗せてみました。
・うまくないはずがない。
・腹が満ちたので、今度は斜陽館へれっつら。
・おじさまがお仕事のためいったん離脱。
・太宰先生の生家跡だそうです。
・十五畳の部屋を四面とってもまだ余裕て。
・さすが金持ち。
・ここで生まれて当たり前に育つということの想像がつかない。
・庶民には特別広い。
・空白にひっぱられるかんじ。
・旅館であった時にも足を運んでみたかった。
・斜陽館を後にして、芦野公園へ向います。
・太宰先生の文学碑を探してのろのろ歩く。
・ああ、桜がまだ残っているんですね。
・大分歩いたところで文学碑やら銅像やらを発見。
・ヴェルレーヌの一節
・あ!キツツキ発見!
・喉が渇いたので仮面サイダーを買うぜ。
・きた。BLACKきた。狙い通りだぜ。
・おじさま宅に帰宅。
・おじさまが帰ってくるまで皆しばし待機。
・ママ上とおばさまが山菜取りを始めてきゃっきゃうふふ。
・それを眺めるパパ上とわたし。
・グランマはお昼寝。
・おじさま登場。
・おじさまの同級生が営んでらっしゃる炉端焼き屋さんへ移動。
・魚政さんと云うそうです。
・到着したらすでにでっかい刺身盛りと大量の寿司が並んでいる幸福。
・高揚しないわけがありませんな。
・生ビールがすすみます。
・手羽先餃子て斬新。
・焼き鳥串が長い。
・つか一番少なくて9本なんすね、盛り合わせ。
・どんこの肝和えは強い。なんか強いです。
・宝盃という日本酒がまた、合いますね。
・おじさま次々に頼み過ぎです。
・食いきれねえっす。
・このわたしが寿司を食い残す…とは…!!(片膝がくり
・しかしもうこれ以上はリバースの予感。
・惨敗で帰宅。
・しかして腹がはち切れんとしているので、幸せいっぱいで就寝。
スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2018-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。