Category: 夢十夜

ついてゆくわ 

2012/06/20 Wed.

ついてゆくわ
あなたが 夢をつかめる世界なら
こわくないわ
この世がたとえ闇にとざされても


南野陽子「瞳の中の未来」より
*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜
b00_98.jpg
b01_59.jpg
遠くに紅くうかびあがる大きな太鼓橋。
その真ん中で泣いているのは僕。
そんな僕を遠くから眺めているのも、僕。
生温い風が頬を撫でて、
つくりもののような闇に足音が響いて溶ける。
懐かしさがこみ上げて、
仕方なくて僕は必死に追いかけるのだが、
どうにも足が縺れてしまう。
僕はまた、あの人を見失うのだろうか、
などとおもうばかりで、
だんだんと身動きが取れなくなるのだ。
わかってる。
僕は二度とあの人に会うことなんてできないんだ。
どんなに愛しくても。
あんなに近くにいても。

そんな夢を見た。

いつもクリックしてくだすってありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



edit

CM: 0
TB: --

page top

2012-06